eva ruiz galeria

ジュビロ磐田2017シーズンのユニフォームを更新し、サッカー選手の情報を紹介しています。
ユニフォーム

ジュビロ磐田 歴代 ユニフォームをまとめ

2017年9月30日

1994-95年ホームユニフォームは水色を採用して、流れるような水のグラフィックデザインを使われ、静岡県に流れる「大井川」、「富士川」、「天竜川」、「阿部川」を象徴しています。

2009年には新モデルを採用、首元から胸前までスラッシュを配置します。このユニフォームは ナビスコカップ予選のモデルで、最終、敗退しまいました。胸スポンサーは「YAMAHA」(ヤマハ発動機株式会社)、胸前にプリントします。背中に「株式会社アルトナー」、左袖に「サーラグループ」が付きます。

ジュビロ磐田 2014 ユニフォーム ホーム は中央のグラデーションラインは力強さと勝利に向かって一つになることを表現しています。グラデーションと袖部のカラーは従来通りの紺を使用して、右袖にJリーグワッペン付きます。

2015年ホームユニフォームは伝統のサックスブルーを利用、濃淡によるボーダーラインデザインを採用します。胸スポンサーロゴの上下には、クラブ名とともに年間王者に輝いた「1997」「1999」「2002」をラインとして配し、正面にはクラブキャラクターであるサンコウチョウと、その鳴き声「ツキ・ヒ・ホシ・ホイホイホイ」に因んだ月・日・星をデザインします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です